blue light Honmoku
2004 song & words by numerics



きあげて巻き上げた
女の髪越しに見えた港のあかり
カツアゲで磨き上げた黒いリムジン
右を見て、左を見て
いつものコールガールが通りをわたる
いくつかの street で区切られた、
種類の違う欲望
部類の違う欲望
未来の違う願望


回り続ける歯車に
逆らうことなく噛み合わされて
転がれ、いつまでも、回り続ける

こみ上げた、欲情を冷ます
オレンジのランプ
橋桁を照らす
本牧のブルーライト

いつものBARの止まり木で、
クタビレタ羽を休めてるんだろ
そんなにもハデなウマイ話
ぶち当たることなんか無くていいさ
稼いだ分だけ飲み干して、
いつものベッドで眠りにつく
いくつかの運河で区切られた、
種類の違う人間
部類の違う人間
未来の違う人間

揺るぎ始めた運命の
歯車から、弾き出されて
転がれ、どこまでも、回り続ける